清潔にしておく

女性とエステシャン

男性の入室も可能なサロンとなるのは『ブライダルサロン』になります。挙式をキッカケに、花婿さんのみならず、花嫁さんも産毛の処理としてシェービングを行えます。初めての施術であれば、前撮りにしても挙式当日に合わせるにしても、最低3日前までに受けることがルール・マナーです。心得ておきたいのは、肌を清潔にしておくことです。初めてであっても安心できるのは、無料カウンセリングによって不安材料を可能な限り無くしてくれるからです。寝ている産毛、クセがついている産毛なども丁寧にシェービングしてくれます。しかし、フェイシャル・ボディエステに付帯されているサービスの1つであることを忘れてはなりません。また、シェービングもエステもまとめて受けたいのなら、まずはエステが先になります。手順に関しては、花婿さんも花嫁さんも守るべきルールになります。どうしてもカミソリあるいはシェーバーを使うため、肌への摩擦は極力避けなければなりません。肌に接した感じは優しく、なめらかではありますが、まったく刺激がないワケではありません。もしも剃ったあとに、ハンドマッサージで肌を刺激すれば、健康的な肌の人でも、肌トラブルを招くリスクが高まります。これは、セルフでもエステティシャンに任せるにしても同じことで、シェービングはプランの最後、総仕上げのタイミングで行うことも知っておきましょう。

剃ることでキレイに見える

カウンセリング

シェービングする理由は様々でしょうが、女性の場合にはスキンケアの延長です。なめらかになった肌は、化粧ノリがよくなる魅力がありますし、産毛がなくなればトーンアップして見えるのも特長でしょう。また、結婚式を控えているカップルもブライダルエステにて、シェービングサービスを受けています。サロンによって、女性理容師が丁寧にケアしてくれますし、もちろん、メンズシェービングの際には男性理容師がケアしてくれます。なぜエステの延長線にシェービングが必要なのかといえば、肌に保湿を与えながら処理ができるからでしょう。男女ともに、何もつけずにシェーバーやカミソリをあてるのはよろしくありません。シェービングフォームを使用しているのは、毎日ヒゲをケアする男性に多いでしょうが、その製品にも色々な種類があります。シェーバーも肌負担のなさ、深剃りできる高機能で選ばれています。敏感肌な方には坑炎症成分配合のものなど、肌質で適したケア製品を選んでくれます。また、自分では届かないパーツ、隠れてしまっているパーツにもしっかりシェーバーを入れてくれます。例えば、襟足の産毛が気になるものの、意外に忘れがちなのは、耳や指の産毛なのだそうです。自分で処理が難しいから、サロンにて行うのが利に適っており、ピアスもネックレスも指輪もステキに見せられます。

広告募集中